电影
您当前的位置:首页 >> 电影大全 >> 寄生兽
寄生兽剧照 

寄生兽

(2016)
上映时间:2016年09月02日
寄生兽演员表
泉新一 (染谷将太 饰)
村野里美 (桥本爱 饰)
田宫良子 (深津绘里 饰)
后藤 (浅野忠信 饰)
岛田秀雄 (东出昌大 饰)
仓森 (大森南朋 饰)
三木 (皮埃尔泷 饰)
浦上 (新井浩文 饰)
广川刚志 (北村一辉 饰)
《寄生兽》是根据岩明均超人气漫画改编而成,由日本导演山崎贵所执导,日本童星出身的男演员染谷将太担任主演的真人电影。原作漫画《寄生兽》是从1990年连载到1995年的经典恐怖漫画,虽已完结20多年,但一直以来仍旧深受着大批粉丝的追捧。而故事讲述的是某天地球上空出现了许多孢子,其中诞生的幼虫可以侵入人体,在侵入之后可以吞噬掉宿主的头部取而代之,从而管理着这个“身体”,这令全世界陷入了前所未有的恐慌之中。主人公泉新一(染谷将太饰)是一名普通的高中生,却也是被寄生生物寄生的人类之一,只不过由于某种意外,寄生在他体内的生物“米奇”并没有吃掉他的脑,而是取代了他的右手,不得已之下,他只能跟米奇共用一个身体。而为了被寄生兽杀死的亲友以及所有人类的未来,泉新一开始了一系列与其他完全体寄生兽的殊死搏斗....《寄生兽》分为上、下两部,《寄生兽 上部》已定档11月29日,《寄生兽 下部》则将于2015年在日本上映。
  • パレード(上部主题曲) - BUMP OF CHICKEN(寄生兽主题曲)
    【查看歌词】
  •  パレード(上部主题曲) - BUMP OF CHICKEN

    (电影《寄生兽》主题曲)
    作曲: 藤原基央
    作词: 藤原基央
    帰り道 僕の足 白黒の真昼
    歸途之上 我的腳步 走在黑白色的白晝
    呼吸はどうか 普通かどうか 手を当てた胸に
    呼吸怎樣了 還可以嗎 手貼在胸口前
    記憶が揺れる 混ざって溢れる
    記憶在搖晃 我們再觸手
    離さないで 離さないで 誰がそこにいるの
    不要離開 不要離開 有誰在那邊嗎?
    途中のまま 止まったまま 時計に置いていかれる
    在路途中停滯 跟不上時鐘
    歩かなきゃ 走らなきゃ 昨日に食べられる
    不能不步行 不能不奔走 要被昨天吞噬了
    どうしても見る 見たくない傷
    無論如何還是看到 那個不想看見的傷痕
    忘れないで 忘れないで 心だけが世界
    不要忘記 不要忘記 只有心靈是世界
    数秒後出会う景色さえも
    就算是幾秒後的景色
    想像できなくなってしまった
    都變得難以想像
    鏡の中でこっちを見ている
    鏡中的人望著這邊
    知らない人に全て知られている
    陌生人知道我的一切
    まだ心臓が まだ心臓が
    心跳依然 心跳依然
    どれが誰 誰が僕 白黒の真昼
    誰是誰 誰是我? 黑白色的白晝
    思考はどうか 自分かどうか どこまでが本当か
    思考好了嗎 自己怎麼了 到底要走多遠才是真實
    考える度 溺れそうになる
    每次思考都就像要沉溺一樣
    絶やさないで 守り抜いて 弱く燃える灯り
    不要停止去保護 這微微燃燒著的光
    覚えている言葉の事
    我記起了話語
    思い出せる温度の事
    我記起了真相
    なくして消えた消せない事
    因失去而消失 是不會消逝的
    なくなることが決まっている事
    失去了的事情 是不能改變的
    もう一度 もう二度と
    再一次 再一次
    まだ心臓が まだ心臓が
    心跳依然 心跳依然
    あの声を 温かさを
    那聲音 那溫暖
    確かめて まだ心臓が
    請確保 心跳依然
    パレードは続く 心だけが世界
    遊行繼續 只有心靈是世界
    パレードは続く 僕はここにいるよ
    遊行繼續 我就在這裡
    パレードは続く 心だけが世界
    遊行繼續 只有心靈是世界
    パレードは続く 弱く燃える灯り
    遊行繼續 這微微燃燒著的光
  • コロニー(下部主题曲) - BUMP OF CHICKEN(寄生兽主题曲)
    【查看歌词】
  •  コロニー - BUMP OF CHICKEN

    (电影《寄生兽》主题曲)
    どこだろう 今痛んだのは
    手を当ててから解らなくなる
    名前のない 涙がこぼれて
    体の壁が解らなくなる
    世界は蜃気楼 揺らいで消えそう
    呑み込まれて連れて行かれそう
    重なった 優しい温もりに
    しがみついたまま震えた
    聴こえた命の音は
    よく似ているけど違っていて
    雨に変わり何度も肌を叩いた
    閉じた目に 真昼の恒星
    キラキラ無数に散らばった
    その中のひとつとひとつ それだけ
    見つけた事 失くした事
    心が作った街で起こった事
    こんなに今生きているのに
    嘘みたい 掌で教えて
    何もない あんなに抱えていた
    形を守る言葉の盾
    残っていない 弱くても持っていた
    道切り開く意思の剣
    世界は蜃気楼 張りぼての城
    消えそうで消えない生き物
    ありがとう あなたは光
    それだけが続ける理由
    聴こえた自分の音は
    正体を当然知っていて
    響いたら正しい矢になって戻ってきた
    卑怯者 鏡の奥に
    気付く前に目を背けた
    助けを呼ぶひとつとひとつ 狙い合う
    生まれた事 知らせた声
    どこまでも遠く全部を抱きしめた
    解らないまま 何もないまま
    全てを 全てで抱きしめた
    あの時みたいに出来るかな
    心が作った街で起こった事
    こんなに今生きている事
    触ったら 同じように応えて
    側にいて 行かないで
    微笑んで 頷いて
    側にいて 行かないで
    重なって 音を聴いて
    側にいて 行かないで
    微笑んで 頷いて
    今会えた 名前のない 涙に触らせて
    どこだろう 今痛んだのは
    どこだろう あなたは光
<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
>

更多精彩内容请关注

漫漫看微信号
追星微信公众号